行きつけの図書館に置いてあったからという理由で、シャカリキの1巻と2巻を借りて読んだ。自転車乗りの間では割とポピュラーな漫画なのだけれども、今まで読んだことがなかった。多分、あまりスポーツが好きな人間ではないからだと思う。


92年の発行と書いてあった。ランス・アームストロングがツールで7連勝するずっとずっと前の時代。ロードレーサーのステムがまだアヘッドになっていなくって、時代を感じた。


物語の始まりは主人公の野々村輝が8歳の時。関西の「坂の街」ってどこがモデルなんだろうか。いくつかのエピソードの後、すぐに中学生になって高校生になるのは少年漫画の常か。


ロードレースのことに詳しくないから分からないのだけど、野球やサッカーの名門校みたいに、シャカリキ!に出てくるような自転車部の名門高校って実在するのだろうか?自転車部が強い高校は確かにあるけど、そこで走るために進学先に選ばれてしまうような高校となると、どうなんだろう。


石渡山レースが終わって、次のレースの準備をしてるあたりで2巻は終わった。良く言えば情熱的な、悪く言えば暑苦しい漫画という感じ。


シャカリキ! (1) (小学館文庫 (そB-12))

シャカリキ! (1) (小学館文庫 (そB-12))

  • 作者: 曽田正人
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2006/06
  • メディア: 文庫
  • 購入: 3人 クリック: 137回
  • この商品を含むブログ (53件) を見る
シャカリキ! (2) (小学館文庫 (そB-13))

シャカリキ! (2) (小学館文庫 (そB-13))

  • 作者: 曽田正人
  • 出版社/メーカー: 小学館
  • 発売日: 2006/07
  • メディア: 文庫
  • 購入: 1人 クリック: 8回
  • この商品を含むブログ (8件) を見る